指導者制度

指導者制度

JCAは、正しいサイクリング&楽しいサイクリングをひろく知ってもらうため、サイクリングの指導者の養成のために、各指導者クラスに応じて日本サイクリング協会又は都道府県サイクリング協会において養成講習会、検定、検定講習会を行っています。

公認指導者資格認定規程 資料はこちら(PDF)
第13条に定める別表1「公認指導者養成カリキュラム」資料は こちら(PDF)
第14条に定める別表2「受講・審査・公認及び登録・更新に関する費用」資料は こちら(PDF)
第17条に定める別表3「公認指導者資格(インストラクター)検定科目」 資料はこちら(PDF)

■公認指導者一覧
北海道ブロック所属指導者は こちら
東北ブロック所属指導者は こちら
関東甲信越ブロック所属指導者は こちら
中部日本ブロック所属指導者 こちら
近畿ブロック所属指導者は こちら
中国四国ブロック所属指導者は こちら
九州ブロック所属指導者は こちら
本部等所属指導者は こちら

欧米ではミッシングリンクと呼ばれているサイクリング道路のコースの途中にある未整備部分が、日本にも全国至る所に存在しています。
「サイクル・リンク」はこの状況を捉え、既存のサイクリング道路を有効に活用し分断された道路をつなぐことで現状を上回る価値を創出しようとする試みです。

JCA公認指導者

サイクリング・リーダー

資格の中身
所属のサイクリング協会のサイクリング大会や自転車教室で指導者の補助的役割を担う
受講資格
満18歳以上、日本サイクリング協会又は都道府県サイクリング協会に所属していること
取得目安期間
10時間
(講習会の期間 / 2日)
必要経費
11,000円(受講・審査料、公認・登録料)
宿泊を伴う場合、宿泊費は別途必要
講習の内容
指導者の心構え、ルール・マナー、サイクリングの歴史、自転車の種類・構造、メンテナンス、スポーツバイクの乗り方、応急措置等のサイクリングの基礎知識など

サイクリング・インストラクター

資格の中身
正しいサイクリング、楽しいサイクリングを熟知し、咄嗟のトラブルにも即応できる技量と経験を有し、小グループのサイクリングを安全に楽しくリードができる
受講資格
サイクリング・リーダーとして更新までに3回以上、日本サイクリング協会又は都道府県サイクリング協会が開催するサイクリング大会等の活動経験を有すること
取得目安期間
10時間
(検定試験の期間 / 2日)
必要経費
11,000円(受験・審査料、公認・登録料) 
宿泊を伴う場合、宿泊費は別途必要
講習の内容
指導者の心構え、意思伝達能力を見る面接、サイクリング基礎知識を見る筆記、パンク修理・輪行袋扱い、ストレッチ指導能力を見る実技、ルール・マナーと安全なグループ管理能力を見る実走

サイクリング・ディレクター 2級

資格の中身
野外活動全般の基礎知識を有し、日本サイクリング協会又は都道府県サイクリング協会のサイクリング大会などの運営に携わり、サイクリング・リーダー及びインストラクターへの基礎的な指導を行う
受講資格
サイクリング・インストラクターとして資格更新までに3回以上、日本サイクリング協会又は都道府県サイクリング協会が開催するサイクリング大会等の執務経験を有すること
取得目安期間
80時間
 (講習会の期間)
必要経費
68,000円(受講・審査料、公認・登録料)
宿泊費は別途必要
講習の内容
野外活動全般の基礎知識、スポーツ全般の基礎知識など

サイクリング・ディレクター 1級

資格の中身
野外活動全般の専門的知識を有し、日本サイクリング協会又は都道府県サイクリング協会のサイクリング大会などの運営責任を果たすことができ、下位指導者へのサイクリングに関する専門的な指導を行う
受講資格
サイクリング・ディレクター2級として資格更新までに3回以上、日本サイクリング協会又は都道府県サイクリング協会が開催するサイクリング大会等の運営経験を有すること
取得目安期間
80時間 
(講習会の期間)
必要経費
66,000円(受講・審査料、公認・登録料)
宿泊費は別途必要
講習の内容
野外活動全般の専門的知識、スポーツ全般の専門的知識など